読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京あいうえお

発達障害を持つ育てにくい子たちと できるだけ楽しく暮すには?を探す試行錯誤の日々

ネット時代の性教育

上の子が小学4年生になる。
まだまだと思っていたが、そろそろそういう好奇心が出てきてもおかしくない。
もしかしたら親の知らない所で既にあるかもしれない。

 

自分だって振り返ってみると、小学2~3年の頃におばあちゃんの家の2階にホコリまみれで積まれてあったエロ本を盗み見ていた。
エロ本と言っても、叔父が昔買って読んでいたんであろう「エロトピア」「平凡パンチ」などのエロ漫画誌だ。
今思うと大したことないけれど、当時は同じくらいの年の従妹たちとみんなで回し読みしていたものだ。

 

僕が高校生だった頃、10歳年が離れた弟(確か小学1~2年生の頃)は僕の部屋からエロ本(無修正)を盗み出した。
そしてなぜか、マンションの外にあった倉庫の前(!)に放置していたらしく、母親が回収したそうな。
と、自分の事だと懐かしいいい時代みたいな感じだけど、自分の息子のことだとそうはいかない。


もし、そういう性的な質問をされたら何と答えるのだろう。

 

「昔、お父さんは海でフナムシの交尾を見たことがあるんだよ。オスとメスはね・・・」

いや、そう例えるならオシベとメシベだろ。でも、花に例えられてもピンと来ない。

 

「お父さんとお母さんが愛し合った結果、コウノトリが・・・」

コウノトリをググったら絶滅危惧種特別天然記念物に指定されてるのを知りました。簡単に赤ちゃん運んでこれる状態じゃないという。。

 

「セックスってのがあんねん。愛ちゃうねん。気持ちええねん。そんでな、中出しっていうな・・・」

とりあえずストレートな内容を関西弁で包んでみるが逆効果ですね。

 

Yahoo!知恵袋で聞いてみ。」

これだな。うん、わからないことは知恵袋。

 

「パパ、グーグルで検索したらわかる?」

「うん、テキスト検索はいいけど、画像検索はするなよ。絶対するなよ。」

もうね、無理だと思う。
今の時代、隠すのは無理でしょ。

 

国語辞典で「セックス」を引いて興奮してた時代はとっくに終わったんだ。
もう、ちょっと間違っちゃうと黒人の無修正ポルノとかに辿り着いちゃうわけで、それならば日本のモザイク入りのやつの方がまだマシじゃないかとすら思えてしまう。
でも、SODのセックスのハードルが低い世界とか時間が止まったりする企画ものは、余計な混乱を生むのでやめておいた方がいい。


できれば避けて通りたい話題ではあるが、いつか向き合わないといけないのだろう。


親としては性に関心を示さない子供だと余計な心配しなくて済むんだろうけど、そんな人ってどうなの?というのが親としてじゃなく個人的な本音。
自分の周りで言えば、性的好奇心が強くてねじれてる人間の方が断然人間的に魅力的だ。
セックスに関心がなく、淡泊で正常位しかしない大人になんかなって欲しくない。
性は人間にとって生物的にも大切だし、人間性を形作る要素の重要な一つなんだから。


自分と相手の身体を大切にしよう。
自分と相手の気持ちを大切にしよう。


性教育で学ぶべきことはこれで十分じゃなかろうか。


隠されていて、閉ざされていて、手が届かない所に性はあって欲しいと思っている。
つかみたいけどつかめない存在であるから、想像力と好奇心が刺激されて発達していく。
だから、性を隠そうと思う。
アレントコントロールを駆使し、履歴をチェックし、リビングにPCを置き、できるだけ性の情報に到達するのを邪魔してやる。
そうすればするほど、子供たちの好奇心は刺激され、妄想が膨らみ、手が届いた時に感動して興奮して大切にするだろう。

 

大切なものを手に入れるのは簡単じゃないんだ。

 

ぼくどこからきたの?

ぼくどこからきたの?