読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京あいうえお

発達障害を持つ育てにくい子たちと できるだけ楽しく暮すには?を探す試行錯誤の日々

きっと親も子供も喜ぶ!プレゼントにぴったりな絵本『バムとケロ』シリーズ

絵本の読み聞かせは子供にとって、とても良い効果があると色々な所で言われています。

実際のところは正直わかりませんが、本を読むという習慣が付いたのは良かったと思っています。
今でも隔週で図書館に行き絵本を借りて読み聞かせていますが、さすがに小学生になってくると絵本ではなく児童書の方に興味を持ちだして、だんだん読む分量も増えて結構大変になってきました。。

今まで読んだことのある絵本の中からいくつか紹介していきたいと思っています。
今回は、絵本コーナーに行くとたいていどこでも置いてある『バムとケロ』シリーズです。

作品紹介 絵本 『バムとケロ』シリーズ


基本的には図書館で借りることが多いのですが、このシリーズはすべて購入しています。
このシリーズの良いところを挙げるとこんな感じです。

  1. 絵がかわいくて綺麗
  2. 意外性のあるストーリーが飽きない
  3. ディテールの描き込みが素晴らしいので、隅々までじっくりと見て楽しめる

キャラクターはかわいいのかどうか僕には何とも言えませんが(笑)、バムとケロの関係性がとてもいいんですよね。
ケロがどんなにイタズラや失敗をしても、バムは優しく受け入れてフォローするんです。まるで『おさるのジョージ』のジョージと黄色い帽子のおじさんの関係のようです。

いつも叱られることばかりしてしまううちの息子たちにとって、本当は自分はバムのような存在にならないといけないんだろうと、たまに読んで反省しています。

このシリーズは、単純に読んで楽しいですし対象年齢も広いので、プレゼントに最適な絵本だと思います。
どれか迷ったら、男の子なら『バムとケロのそらのたび』女の子なら『バムとケロのおかいもの』がいいと思いますよ!

 

追記(2016.05.25)

山口県周南市美術館で『島田ゆか絵本原画展』が開催されてるようです。

デビュー20周年記念 島田ゆか絵本原画展

周南市美術博物館
〒394-0027 山口県周南市花畠町10-16
http://s-bunka.jp/bihaku/
TEL. 0834-22-8880
会期/2016年5月20日(金)~6月26日(日)
休館日/月曜
開館時間/9:30~17:00(入館は16:30まで) 
入場料/一般900円、大学生700円 18歳以下無料


さらに会期中、島田ゆかさんのサイン会も開催予定です。

島田ゆかサイン会 ■
2016年6月18日(土) 11:00~
2016年6月19日(日) 11:00~
各日先着100名様

バムとケロのにちようび

バムとケロのにちようび

 
バムとケロのそらのたび

バムとケロのそらのたび

 
バムとケロのさむいあさ

バムとケロのさむいあさ

 
バムとケロのおかいもの

バムとケロのおかいもの

 
バムとケロのもりのこや

バムとケロのもりのこや